水素の効果・作用

最近では水素点滴というものが人気となっています。
この治療法は美容や健康に良いと言われており、
ダイエットや便秘解消、病気の予防、老化の予防などといった
効果が期待できるということです。

しかし、水素点滴で実際に病気が治るということではなく、
あくまで予防効果があるものだと考えておきましょう。

水素点滴には抗酸化作用があります。
生きている限り老化は避けられないことですが、
体内が酸化してしまうと老化が早まってしまうと言われています。予防効果がある

酸化を防ぐためには抗酸化作用のある物質を
摂り入れる必要があります。

抗酸化物質としてはポリフェノールやビタミンC、
ビタミンEなどが有名ですが、水素にも抗酸化作用が
あると分かっています。

体が酸化してしまう原因は活性酸素と言われています。
活性酸素は体内でエネルギーを作る時に発生するものであり、
もともと体を守るという働きがあります。

しかし、増えすぎた活性酸素は体にさまざまな
悪影響を及ぼすということです。

悪玉活性酸素は細胞やDNAを傷つけてしまいますし、
傷ついた細胞が正常な働きができなくなってしまうのです。

細胞に傷がつくことを酸化と呼んでおり、
細胞が酸化することでさまざまな病気の原因となってしまったり、
肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。

酸化する前の悪玉活性酸素に働くのが水素であり、
水素点滴を受けることで悪玉活性酸素を除去することが
できるのです。抗酸化作用

なぜ水素には悪玉活性酸素を除去する効果があるのか
知りたい人もいるかもしれません。

水素点滴で使われる水素は活性酸素と結びつくことにより、
無害な水に変化させることができます。

それによって活性酸素を尿や汗として体外に排出させる
という仕組みです。

そのため体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素を効率よく
除去できるということです。

水素の働きについてはまだよく分かっていない部分も
多いですが、水素点滴を利用して体外に水素を摂り入れて
いくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)