水素点滴の歴史

水素点滴は、体内の悪玉活性酸素を取り除くことが
出来る治療として人気があります。

体内で増え続ける活性酸素と水素が結び付くことで
無毒化し、細胞の正常なコピーが可能になります。

そのため、病気を防ぐことはもちろん、美容の面でも
シミやシワを防ぐと言った効果があり人気が高まっています。

水素点滴は最近話題になっているので、まだ新しい治療だと
多くの人が思っています。

しかし、その歴史は意外と古く、最初に水素の点滴が
治療に使われたのは1920年でした。高い効能を持つ

イギリスの内科医が行った治療で、当時致死率が
80%以上という恐ろしい病気であったインフルエンザの
患者に対して水素点滴をすることで、48%まで致死率を
下げることができました。

そして、アメリカでも1960年代からがん治療に対して
水素治療が行われ、副作用が少ないのに効果がある治療法として
文献に記載されています。

放射線治療と併用することでがん細胞を酸素化することも
分かってきました。

1993年にノーベル医学賞にノミネートされた医師
CharlesHFarrは、水素点滴などの酸化療法の父とも呼ばれる存在です。

彼は医学的、科学的な立場から酸化療法について
たくさんの記録を残しています。

今では水素水は体内の活性酸素と結びつくことで
効果を発揮することが分かっていますが、当時は
水素や酸化還元反応というものが体にどのような影響を
与えるのかを調べる段階でした。

それらの研究の上に、現代の水素点滴という治療が完成したのです。

水素点滴は、病気の予防から疲労回復、美肌など
様々な嬉しい効果を発揮します。治療法のひとつ

活性酸素には2種類ありますが、水素が結び付くのは
悪玉のみなので、善玉の活性酸素は体に残ったままです。

善玉活性酸素は免疫力の向上などの効果があり、
体に悪い作用をする悪玉とは異なります。

悪玉のみを取り除くことで、体の中から健康な状態に
なることができるというのが最大の特徴で、点滴をするだけなので
患者さんの負担も少ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)